3月の声を聞き、日に日に春の足音が近づくのを感じる今日この頃、外飼いタライの金魚、フナ達も今か今かとその様子を待っている。

P3110001.jpg

やたらと寒かった今年の冬を無事に乗り越え、どの個体もすこぶる調子が良さそう。

まず、そっとネットを外すとヒブナの姿が目に入った。

P3110004.jpg

まだ完全に冬眠から覚めたわけではないので、こちらの様子に反応することなく普通に写真を撮ることができた。

そして金魚達(玉サバ)の様子。

P3110006.jpg

P3110003.jpg

P3110007.jpg

こちらもまだボケーっとしているが、色艶も良く、無事に越冬できたことがヒシヒシと伝わってきた。

今年で二度目の越冬となったわけだが、周知の通り昨シーズンは「超」が付くほどの暖冬だったので、より本格的な越冬は今シーズンが初めて。

そんなこともあってちょいと気をもんだりもしたが、この姿を見てホッと一安心。思ってた以上にプンプクリンに肥えていたからだ。

あとはいつどのタイミングで餌をやりを始めるかどうか、今からその時が待ち遠しくて仕方がない。やっぱり春の訪れというのはどこか胸が踊るものだ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ コイ・錦鯉へにほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
広告

  • おすすめ記事